« お誕生会とアルボール | トップページ | 元気? »

愛しの姫

5月14日木曜日、夕方頃。

実家に住む愛しの愛猫、グリちゃんが

乳がんと闘って、亡くなりました。

 

次の日からまた大阪に会いに帰ろうと、

予定していたんですが、間に合いませんでした。

 

急遽、その日に戻りグリと会いましたが、

眠っているようで、呼んだら目を覚ましそうで、

この家にいなくなった今もまだ、信じられません。

 

グリは本当に気が強くて、喧嘩して勝ったことないし、

自分がいいときだけ近づいてくる気まぐれ屋さん。

でもなんだかとても可愛くて。。。

 

わたしにとって、まさしく姫でした。

そう呼んでいたし。。。

 

色んなことを思い出す。

 

我が家に来たとき、まだちっちゃくて細っこくて、

こうもりみたいだったグリちゃん。。。

背の高い箪笥の上からおなかの上に

ダイブしてきたグリちゃん。。。

ごはん食べるのが下手くそなグリちゃん。。。

窓辺で遠い目をする凛としたグリちゃん。。。

冬の日にはお風呂のふたの上に

あったかそうに座ってるグリちゃん。。。

何回か家から脱走したけど、結局、

家の近くにしか行けなかったぐりちゃん。。。

低姿勢で目がまん丸で、めっちゃ可愛い顔の時は、

間違いなく、私の手を狙っているグリちゃん。。。

お父さんの横は、必ず駆け足で通り過ぎるグリちゃん。。。

私の腕枕や膝枕で眠っていると、少し

動いただけで『う~』と、キレるグリちゃん。。。

 

11年間思い出したらきりがないほど、

色んな姿で私をとりこにしてくれました。

 

東京に出てからは、帰れば必ずグリがいる。

というのが当たり前で、今度戻ったとき、

どんな気持ちになるんだろう。。。なんて思う。

 

今はまだ、そこここにグリの気配を感じます。

 

たぶんようやくひどい痛みや不自由から解放されて、

大好きな戸袋や高い箪笥の上、最近では

登りたくても登れなかったところを、

ぴょんぴょん飛び回っているんだろう。。。

 

グリちゃん、本当にお疲れ様。

苦い薬もがんばって飲んでくれて、

ごはんもがんばって食べてくれて、ありがとう。

   

グリが11年間うちの子でいてくれて、

みんなとても幸せでした。

ほんまありがとうね。

これからもずっとずっと、大好きです。

   

 Guri090411_101300010001_2

  

 

  

  

|

« お誕生会とアルボール | トップページ | 元気? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あゆ→
 
ありがとうさん。

グリ、ほんまお疲れさまやった〜。
よくがんばってくれたよ。
 
今よく、色んなところにグリちゃんがあらわれてくれるねん。
 
駅とか道とか、東京のうちの風呂場とか。
実家に誰もいない間に、きっと時々
東京にも飛んできてくれてるんやろうな。
 
モモちゃんもグリも、いなくなって、
その存在の大きさを思い知るね。
 
ほんま、でかいわ。。。

 

投稿: ヒロコ | 2009年5月22日 (金) 02時23分

あやこ→
 
あやこ、ありがとう。
 
うん。そうやんな。
グリはヒロコの中で生きてるな。
 
グリの一生が豊作だったってなるように、
いつまでも忘れんと、大好きでいようと思う。
 
 
お互いセナちゃんとの、グリのとの思い出大切にしような。
 

投稿: ヒロコ | 2009年5月22日 (金) 02時11分

ひろこー。
今気が付いたよー。
ごめんねー。

辛かったねぇ。。
モモが天国に行ってしまってから3年たつ今も、
たまに思い出しては涙が沢山でてくるょ。
でも、悲しんでいるわけではなくて、今でもリアルに可愛くて可愛くて仕方なくて
思い出しては涙が出るの。だからモモはずっとリアルな存在で
ずっと心にいてくれるんだー。ぐりちゃんも、ひろこのそばにいるよー。

何より、優しいひろこのお家で家族になれてぐりちゃん幸せだったろうなー、
ってホントに思う。ぐりちゃんもやっとかけっこしたり
高いとこジャンプしたり楽しく遊べてるねー。

お疲れ様だねー。

投稿: あゆ | 2009年5月20日 (水) 11時53分

今気がついて、編集部で泣きそうです。
帰れる時間をみつけては大阪に帰っていたひろこ。
ひろこに会えるたびに、グリちゃんは
とっても喜んで元気をもらっていたと思うよ。

私がセナを失ったとき、
心に浮かんだ言葉をひろこにおくります。
グリちゃんはずっとひろこの中で生きているよ。

吉田松陰が死を直前に残した言葉です。

私は行年三十である。
目的を達成することなく世を去るのは、
穀物が実らずにおわるのに似ているから
惜しむべきなのかもしれない。
しかし私は身をもっていうが、
これもまた私には実りの秋なのだ。

十歳で死ぬ者は十歳のなかに四季を持ち、
二十歳で死ぬ者は二十歳のなかに四季を持っている。
私も三十歳のなかに四季の移ろいを経て、
結実の時を迎えた。
実ったのがクズ米なのか粟なのかわからないが、
もし同士たちが私の心を次いでくれるならば、
種子は絶えることなく、
私の一生は豊作だったということになるだろう。

投稿: あやこ | 2009年5月19日 (火) 15時37分

takashi→
 
うん。ありがとうね。
 
しゃーっていわれても、全然平気。
ぴの子大好き。
 
グリはキレキャラだったので、しゃーとか言われると
逆に嬉しいかも。

投稿: ヒロコ | 2009年5月19日 (火) 11時04分

風待ち人さん→
 
いつか、ただただ笑顔でぐりちゃんのことを
思い出せる日がくればいいな。と思ってます。
 
ありがとうございます。

投稿: ヒロコ | 2009年5月19日 (火) 10時43分

しろさん→ 
 
うん。ほんとお疲れさまだった。
ほんとゆっくり休んで欲しいよ。
 
ありがとう。
そうだよね。ずっとそばにいてくれるよね。

投稿: ヒロコ | 2009年5月19日 (火) 10時12分

そっか。大変だったね。。。。
じゃぁ、これからは、ぴの子に会いに来てね!
しゃーって言われても、ひろこの事大好きだから。

投稿: takashi | 2009年5月18日 (月) 23時46分

かけがえのない大切な者を失うと涙雨が降るそうです。


それは悲しみを洗い流し、素敵な思い出だけを芽吹かせてくれると言います。

投稿: 風待ち人 | 2009年5月18日 (月) 01時43分

そっか。
ほんとにグリお疲れ様だね。
きっと、ずっとヒロコの家の子で楽しかったんじゃないかな。
これからもずっとそばにいてくれるよ。
頑張ったぶん、ゆっくり休んで欲しいです。

投稿: しろ | 2009年5月18日 (月) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174670/29645478

この記事へのトラックバック一覧です: 愛しの姫:

» 父の日プレゼント人気ランキング [父の日プレゼント人気ランキング]
父の日プレゼント人気ランキングです。楽天通販などの父の日プレゼント人気ランキングをみていきましょう [続きを読む]

受信: 2009年5月18日 (月) 17時07分

« お誕生会とアルボール | トップページ | 元気? »