« ハタの日 | トップページ | 『誰にも会わず、ほぼどこにも行かない日』 »

Excite Music Festival '08

昨日、『Excite Music Festival '08』に
いってきましたよん。
 
 
1番目に出て来た『FUNKY MONKEY BABYS』。
なんかめっちゃ可愛かった。
 
めっちゃ盛り上がってたし。。。
 
なんかアツくて、いっぱいいっぱい出してて、
それがちょっとかっこ悪いくらい可笑しくて、
面白くて、とても可愛かったです。
 
 
ちょっとツボやったかなぁ(*´∀`*)
 
 
 
そして大トリの『コブクロ』。

  
黒田さんは面白いね〜。そして小渕くんは、
なんだかとっても真面目で誠実そうで、
素朴な感じが好感もてました。
 
曲についての説明が丁寧すぎて、
ちょっと重いけど(笑)
 
それだけ大切に作っているんだろうなと。。。
 
 
アンコールにやった『蕾』。
私、この曲がとても好きで、聞くと毎回
泣きそうになるんだけど。。。
 
一番泣きそうになるところをアカペラで歌うなんて、
ズルい以外のなにものでも無いわよ!!
 
『じぃぃぃん』ときちゃうじゃんかよ!!
 
ってことで、良かったです(*´∀`*)
 
 
 
 
そして、2番目に出て来た愛しの秦くん。

歌ってくれたのはこの6曲。。。
 
1. 鱗
2. キミ、メグル、ボク
3. シンクロ
4. 赤が沈む
5. 虹が消えた日
6. フォーエバーソング
 
 
今回特にグッときたのは『シンクロ』『虹が消えた日』
『フォーエバーソング』。なんかほんといい声だった。
ブルッときました。
 
ギター1本で弾き語ってくれた『フォーエバーソング』。
最後の方、この人どんなけ声でんのよ!!って
感じやったもん。

 
そして『赤が沈む』が聞けたのがすごい嬉しかった☆
めっちゃカッコよかったです。 
  
 
 
なんだかね。
秦くんの時、たくさんの人達が座って聞いてて、
少しアウェー感が漂ってましたが。。。
 
 
やっぱり彼の歌がいちばん最高でした。
 
一緒に行ったユキコちんも、前に座ってた
秦ファンのおねえさんも、後ろの列の3人組も
たくさんのファン達がそう思ったでしょう。
 
 
みんなの声援、秦くんに届いたかな?
 
 
そして、会場にいた1万7千人の人達に
秦くんの声はしみたかしら?? 

ひとりでもたくさんの人にしみてますように。
 
 
 
そんな、『Excite Music Festival '08』でした。
 
 
 
*『秦基博 OFFICIAL WEB SITE』 

 
 
 
 
 

|

« ハタの日 | トップページ | 『誰にも会わず、ほぼどこにも行かない日』 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

Chiakiちゃん→
 
ちあきちゃ〜ん!!元気?
 
音楽はいいよほんと。
今度また、お茶でもしながらしゃべりまくりましょう。
 
でも残念ながら、秦くんのことしか出てこない
可能性もあります(笑)。ご容赦を(*´∀`*)
 
 
 
かづみちゃん→
 
なんか、ちょっとだけ切ないよね〜。
でもファン心としては燃えるよね〜〜〜(笑)
 
盛り上げなくては!!的な(笑)
 
 
秦くんね〜。意外と「他のアーティストのファンも
とりあえず一緒に盛り上がろうぜ、オーイェー」的な
気持ちはある人なのよ(笑)たぶん、とても。

 
でもMCとかでも言っちゃうんだけど。。。
お客さんの気分にゆだねちゃうの。
 
 
自分で声はって、何かを必死に伝えて。。。
みたいなことをしない人らしい。
 
ファンの人達にとっては、それも可愛いの一部なんだけどね。
 
 

投稿: HIroko | 2008年9月24日 (水) 00時19分

楽しんできたみたいねぇ(´ー`)

アウェイ感はなかなか切ないなぁ。

勝手なイメージやけど、秦くんて間違っても「他のアーティストのファンもとりあえず一緒に盛り上がろうぜ、オーイェー」的な人ではなさそうやし(笑)


いや、むしろそんな人やったら…

これ以上は言うまい(-_-;)

投稿: かづみ | 2008年9月22日 (月) 21時01分

Hirokoさん

お疲れさまです。

オンガクはいいよね。

また、色々音楽の話ししたいわshine

投稿: chiaki | 2008年9月22日 (月) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/174670/23919828

この記事へのトラックバック一覧です: Excite Music Festival '08:

« ハタの日 | トップページ | 『誰にも会わず、ほぼどこにも行かない日』 »